韓国子供服を仕入れる個人にも簡単なおすすめの方法!

韓国子供服を仕入れる

韓国の子供服は、安価なのに、どれも可愛くて人気です。また、通販サイトでは、韓国の子供服がたくさん販売されています。

そのため、個人で韓国の子供服を販売してみたい!と、考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、「仕入れ方が解らない」「言葉が解らないので不安」「輸入するのは難しそう」などと戸惑い、諦めてしまう方もいます。

そこで、ニーズがある韓国服を、どのように仕入れて販売をすれば良いのかをご紹介いたします。

目次

韓国子供服の特徴

子供服店舗

スタイリッシュでお洒落

韓国服は、日本の服とは違ったテイストです。

また、お洒落な服が多く、トレンドを取り入れています。特に、若い世代で支持されており、韓国服のアイテムを取り入れている方が多いですね。

韓国ブームから、韓国服に注目が集まり、今ではすっかり定着しています。また、親子ペアルックでコーディネートを揃えても、安価なので嬉しいですね。

大人っぽいデザインから子供らしくて可愛いテイストなど、さまざまなのでお好みの1着が見つかるでしょう。

フォーマルスーツや、女の子のドレスも、安くてお洒落な服が手に入ります。

品質が良い

安価な服が多いので、品質が悪いのではないかと心配になりますが、そんなことはありません。

一部の商品は、制裁が甘い場合もありますが、お値段以上の品質です。

また、需要がある分、価格競争や品質向上をせざるを得ない状態になっています。

そのため、値段の割にしっかりしたデザインが多くお洒落です。

韓国子供服の仕入れルート

韓国の現地で仕入れる方法

時間と資金に余裕がある方は、直接現地で仕入れる方法がおすすめです。

韓国服は、商品の回転サイクルが早く、現地でしか手に入らない服が入手できる可能性があります。

また、現地の方と交渉ができれば、今後は現地に行かなくても、日本へ直接配送をしてもらえるでしょう。

ただし、信頼できる業者の方とやり取りをする必要があります。

通販サイトから仕入れる方法

ネットビジネス初心者の方や、時間が無い方は、国内の仕入れサイトを利用する方法があります。

個人事業主でも登録ができるサイトもあるので、複数の仕入れサイトから検討すると良いでしょう。

商品によってはロット(購入する点数)が大きい場合もあります。

しかし、たくさん仕入れるほど、安く仕入れることが可能ですよ。

とは言え、運転資金が少ない場合は、少量を仕入れて在庫を抱え込まないようにしましょう。

韓国の通販サイトからも仕入れ可能

韓国の通販サイトから仕入れる事も可能です。

ただし、商品を直接日本に発送できない場合があります。

その時は、代行業者を利用すれば仕入れることが可能です。

しかし、代行業者によって、料金が異なります。トラブル回避のためにも、料金だけでなく、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

展示会や卸売問屋で仕入れる方法

日本で開催されるアパレルの展示会には、韓国のメーカーや卸業者が参加するものもあります。

または、卸売問屋に直接買い付けに行くのも良いでしょう。

大阪の船場、東京の総本山、馬喰町問屋街・横山町問屋街など他にもたくさんの問屋街があります。

そして、参加する前には、一通りの専門用語を覚えておくと、うろたえずに済みます。

まず、札には上代と下代の文字があります。上代は販売する小売価格で、下代が仕入価格です。
ロットは、仕入れる商品の単位を表します。1ロット10点となれば、10点単位での購入になり、それ以下では購入できません。

もし、気になるメーカーや商品があればその場で交渉できます。

仕入れた韓国子供服をネットで販売する方法

販売するネット上の店舗

韓国服をネットで販売する場合は、まずは無料で作成できる販売方法から始めることをおすすめします。

それは、BASEという無料で利用できるネットショップです。

他にも有料で利用できるネットショップもあり、顧客情報管理やメールマガジン配信機能が利用できる場合もあります。

集客方法

サイトを作って商品を登録しただけでは、知名度がないので売れません。

まずは、ネットショップにお客様を集める集客が必要なので、Twitter、InstagramなどのSNSを活用して、宣伝が必要となります。

その点、フリマアプリであれば、集客をしなくても売れるでしょう。しかし、ファンやリピーターを増やすには努力が必要です。

子供服を仕入れる際に気を付けたい事

輸入の際におけるトラブル

海外の仕入れサイトから商品を輸入する際に、個人での輸入はトラブルがつきものです。

不良品や荷物の不着、数量不足などのトラブルが多々あります。

そして、返品するための送料が自己負担になってしまい、泣き寝入りする場合もあるでしょう。

そのため、代行業者を利用することで、トラブルを防ぐことができます。

手数料が必要となりますが、無駄なトラブルが減ります。

商品が到着するまでの日数

韓国から日本に直接配送する場合は、1週間程度で到着します。船便で送った場合は、安価ですが到着までに1ヶ月程度かかるので、オススメはできません。

また、商品を発送するまでの準備に何日も掛かる場合があるので、仕入れサイトで発送状況を確認しましょう。

いずれにしても、商品が届くまでには時間が掛かるので、余裕を持って仕入れを行う必要があります。

サイズ感

韓国服に限らず、海外製の服は日本製とは少しサイズ感が異なります。

基本的に韓国服は、日本よりも少し小さくて、細身でタイトな作りが多いです。

そのため、ワンサイズ大きいものが、しっくりするかも知れません。

ブランドによってもサイズ感が異なるので、商品ページを細部まで確認してから購入しましょう。

そのため、ネット販売をする時には、商品ごとにサイズ表記をしたり、着用感を記載するとイメージがしやすいですね。

関税がかかる

関税は、輸入者が日本の税関に対して支払いを行います。革製品や毛皮は関税が高いので、仕入れる前にツールなどを使って確認をしましょう。

革製品の服や、ベルト、革靴やカバンなどを仕入れる際は、関税を支払っても利益が出るのか、計算が必要です。

また、大量に仕入れた場合は、個人輸入扱いにならず、商用輸入扱いとなり、課税対象額が高くなります。

韓国子供の服仕入れから販売まで子供服スクールが安全にサポート!

初期費用が0円

通常は、ネットショップを開設するには。

登録手数料が必要です。しかし、子供服スクールなら初期費用が0円なので、安心して登録できます。

また、実績を出している人気ネットショップの方の運営方法を学べるので、大変お得です。

初めは解らないことや、不安なことがあっても、サポートがあります。

6ヶ月間の完全サポートなので、困ったときには相談できます。

無在庫で販売可能

海外から輸入をする場合は、トラブルがつきものです。また、実際に仕入れを行うまでに、仕入れ先を探したり、購入するサイトへの登録など、時間や労力が必要になります。

しかし、子供服スクールなら購入先を探したり、輸送のトラブルに巻き込まれる心配がありません。

8億点以上の中から、好きな商品を無在庫で販売できます。

「荷物が届かない」「不良品が届いた」などのトラブルから解放されます。

そして、無在庫販売が可能なので、在庫で部屋が埋め尽くされる心配もありません。

梱包発送なし

販売をする際には、商品を検品して、納品書や伝票を印刷し、キレイに梱包して、ようやく商品を発送できますね。

たくさん商品が売れると、嬉しい反面、梱包や発送に追われます。

そして、忙しくなると、どうしてもミスが起こりがちです。

商品を間違えたり、送付先を間違えたりなどのトラブルが発生するかも知れません。

しかし、子供服販売プロジェクトなら梱包や発送は代行なので、安心で手間も掛かりません。空いた時間で他の作業ができるので、効率的です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次